コーディネイトに困ったら要チェック

女の子が納得するモテコーデ多数♪
詳細はバナーをクリック!! 女子ウケ ファッション

 

カラーコーディネイトの基本

kihon

これ、僕でも良くあることなんですが、自分で好きな色ばっかり買ってしまうことって有りますよね?例えば僕の場合だったらなぜかいっつも黒の服ばっかり買ってしまう事が多いです。

ただ、一応「クールなイメージ」を作りたいというコンセプトを持っていますし、自分は黒系が一番似合うと言われるので、これはこれで良いのかなと思っています。

ただ、問題は似合うとか目指すファッションの方向性などを考えずに1色集中している人です。そういう人はカラーコーディネイトの基本を知って自分に合う色や、自分の良さを引き出す色などを知っておきましょう。

コーディネイトの初歩⇒【同系色配色】

カラーコーディネイトの基本は【同系色配色】です。あまり今までファッションに気を使ってこなかった人はまず、ここから始めて行きましょう。下記の色相環を見てください。

色相環
引用:http://www.geocities.jp/sasa2suke/

例えば色相環の16の淡いブルーの色を取り敢えず着たいなと思ったら、合わせる服の色は同じ16番、もしくは近くの14、15番とか17番、18番などの同系色でまとめると上手く行くことが多いです。

説明したようにブルーで固めればクールで涼しいイメージを持たすことが出来ますし、反対にオレンジとかで固めれば暖かい印象を出すことが出来ます。この色相環を利用することで太った体系の人を細く見せたりすることが出来るのですが、それはまた別の機会に説明します。
 

同系色配色の考え方

さきほどは一つの色相環で同系色配色の例を示しましたが、考え方としてはもっと広く持つのが普通です。下記、色相環が沢山写っている【トーン表】と呼ばれるものを見てください。

 
トーン表

 
トーン表では明度と彩度の組み合わせによって、色相環の濃淡が異なってきます。この場合トーン表のビビッドの一番上とダークの一番上は一見すると異なる色ですが、このような場合でも同系色配色と考えて大丈夫です。こうやってくると同系色配色と言えども組み合わせはかなり多くなりますよね。

 

実は対照色配色もカラーコーディネイトの基本

先ほど、同系色配色はファッション初心者がコーディネイトをする上での基本だと言いましたが、実は対照色配色もカラーコーディネイトの基本なんです。

色相環:再掲
色相環

 
例えば、上記色相環の緑の反対である赤色は組み合わせやすい配色です。また、先程も説明したようにトーン表からも考えていくと更にコーディネイトの幅は広がります。

同系色配色の場合と同様に【ビビッド】の中での反対色だけでなく【ディープ】や【ダーク】の反対色も相性は良いものと考えておいてください。

色の調和を考える簡単な方法

いきなりこんな色相環を見せられても・・・という方もいるでしょうから、簡単な色の合わせ方の考え方を紹介しておきます。迷った時はこの方法に沿ってコーデを考えることで上手く行くことが多いです。

その方法とは・・・・

 

「自然界の色を思い浮かべること」

 

簡単じゃないですか?

例えば秋の山とかだったら、紅葉が綺麗で全体的に黄みがかっている印象が有りませんか?夏の山であれば、青々とした葉っぱが木々に生い茂っていて青色の印象が有りませんか?

そしてそれらの風景はごちゃごちゃしているわけではなくスーっと頭に入ってきますよね?そんなイメージです。まぁイメージですのでそこまで難しく考えなくても大丈夫ですよ☆

自分に似合う色と好きな色は違う!?も参考にしてくださいね。

女子ウケが良いメンズ服なら
メンズスタイルが断トツ1位です。
↓詳細はバナーをクリック↓

メンズスタイル

サブコンテンツ

プロフィール

profile2


現在28歳の管理人Kenjiです!!女性にウケるファッションを実践しています。ファッションで女性からの印象は全く変わりますよ♪

 

人気ブログランキングに参加中です。クリックしてくれると狂ったように喜びます。

 

 

お陰様で、ブログランキング1位になれました!!感謝です!!(クリックで画像拡大出来ます。)

 

ブログランキング1位

 

詳細なプロフィールも気になったら読んでみてください!!

 

●プロフィールはこちら●

 

●お問い合わせはこちら●

 

RSS購読はこちら!!

このページの先頭へ